ぼっきの悩みを解決する5つの方法!【フルぼっき可能】ぼっき不全の原因と共に解説します!

男性にとってペニスの悩みはなかなか他人などに相談するのも難しく、深刻になりがちです。特にぼっき力が低下していると、男性の自信喪失につながりやすく、セックスに前向きになれません。

そこで今回は5つのぼっき力復活の方法をご紹介致します!

 

禁欲でぼっき力を復活させる

ぼっき力が近年低下している人で、
オナニーなどをどのくらいの頻度で行っているでしょうか?

あまり頻繁にオナニーをしていると、それがぼっき力の低下につながっている可能性があります。もし1週間に1回以上のペースで自慰行為を行っているのなら、1週間は禁欲するのがおすすめです。禁欲をすると、男性ホルモンの一種であるテストステロンの濃度が高まります。

テストステロンは、男性のぼっきや性欲にかかわってきます。テストステロンの濃度が高まれば、性的な興奮もしやすくなりますし、ぼっき力強化もできます。テストステロンと禁欲の関係は、すでに科学的に立証されていて、オナ禁をすると、活性テストステロン濃度が増加しているという実験結果が出ています。そしてオナ禁の日数とテストステロンの濃度についてもデータがあるのですが、7日目に最も高い数値の出ていることもわかっています。ですから1週間禁欲をして、そこでオナニーなりセックスなりにチャレンジしましょう。今までとは異なるぼっきに巡り合える可能性もあります。

それでもダメな場合は薬やサプリに頼ることをオススメいたします!
薬やサプリでぼっき力を復活させる方法

食事改善でぼっき力を復活させる

EDなどに悩んでいる人は、バイアグラなどの治療薬で対処すると思っているでしょう。しかしそのほかにも食生活を見直すことで、ぼっき力を強化できます。

では具体的にどのような食生活を心がければいいのでしょうか?
ポイントになるのがミネラルです。じゃあミネラルを豊富に含んでいるのはなんなのか?それは亜鉛です。亜鉛は欧米のほうでは「セックスミネラル」といわれているほど、精力に関係する栄養分と考えられています。亜鉛はカキなどに多く含まれているので、ことあるごとに食べておきたい食材といえます。

亜鉛と性欲の関係について、いろいろと実験が行われていまが、結果は如実で、被験者の男性に亜鉛を含まない食事を与えたところ、半数以上にEDの症状がみられたといいます。そしてその後亜鉛の含まれる食事を与えたところ、EDの症状は改善されたとのことで、いかに両者に深い関係性があるかわかります。

ぼっきに効果絶大な亜鉛を多く含むサプリメントランキングはコチラから
亜鉛の含有量が多い順ランキング

筋トレでぼっき力を復活させる

先ほども紹介したように男性ホルモンの分泌が活発になれば、ぼっき力を強化できます。男性ホルモンの分泌を活発にする方法の一つとして、運動があります。どのような運動でも、男性ホルモンの分泌促進効果が期待できます。しかしその中でもスクワットは手軽にできますし、下半身の筋力を強化することで血行改善効果も期待できるので特にオススメです!

下半身の筋肉は一種のポンプ機能があって、下半身に入った血液をスムーズに心臓に戻す効果があるといわれているからです。ペニスのぼっきには血流が欠かせないので、その意味でも重要です。もしスクワットでぼっき力を取り戻したければ、1日3回・1回あたり10回行ってみましょう。個人差がありますが、平均すると大体3か月も継続すれば以前と比較して硬さもアップしているでしょう。

そのほかには軽いジョギングなどの有酸素運動をする習慣をつけることもおすすめとみられています。運動を取り入れてもぼっき力の改善が見られない場合は、薬やサプリを併用することで、その効果が最大限に発揮されるとされています!なのでぼっき力アップの運動と相性の良い薬やサプリを購入して使うと良いでしょう!

ぼっき力アップの運動と相性の良いぼっき薬ランキングはコチラから
⇒製作中

薬やサプリでぼっき力を復活させる

食生活でぼっきに必要な栄養分を摂取する方法を紹介しましたが、毎日ぼっき力回復に必要な栄養分を摂取するには難しいかもしれません。その場合、不足分はサプリメントを使って補う方法もあります。

ぼっきするためには、ペニスに血液が流入しなければなりません。この血流改善効果の期待できる成分として、

  • L-シトルリン
  • L-アルギニン
  • 亜鉛

があります。
そして、男性ホルモンの活性化効果のある、

  • マカ
  • トンカットアリ

などの配合されているサプリも摂取がおすすめです。

またED治療薬を使ってぼっき力をアップさせる方法もあります。バイアグラなどが代表的ですが、勘違いされやすいのはED治療薬を服用すると勝手にぼっきしてしまうのでは、という点です。ED治療薬はあくまでも性的な興奮をしたときにぼっきしやすくするためのもので、性欲や精力自体が向上するわけではないです。

オススメのぼっき薬ランキングはコチラから
ぼっき薬オススメランキング最新版

手術でぼっき力を復活させる

包茎など男性器に関する治療を行っているクリニックが日本全国にあります。その中には、ぼっき力強化の手術を行っているところもあります。ぼっき力が低下すると、ぼっきしても角度が十分でなくなります。そこで手術によって、ぼっき角度を持ち上げて反ったようなペニスに持っていくことも可能です。

手術にかかるのは1時間程度で、入院もなく日帰りで治療が行われます。どの程度の角度にするかは事前の打ち合わせで調整できるので、希望があれば相談してみるといいでしょう。

手術による方法は、即効性が高く、効果も期待できます。
しかしその反面で、手術費用が高額になってしまうので注意しなければなりません。

このようなぼっき力を回復させる手術は自由診療扱いで、保険がききません。全額治療費は自己負担となりますので、どうしても高額となります。いくら程度の費用が掛かるのか、前もってしっかりクリニックと話をしておくように心がけましょう。

手術より安い!
効果のあるぼっき薬でぼっき不全を治す!

効果のあるぼっき薬ランキング最新版

病院へ行かなくてもぼっきは治せる時代になった

男性にとってぼっき不全は深刻な悩みで、
なおかつデリケートな悩みなのでなかなか人に打ち明けられないというのが本当のところではないでしょうか。

そのため、
病院へ行って診察してもらうのもためらう
と答える男性は案外多いのです。

しかし、このまま放置しておけば、
症状が悪化するという不安もあるでしょう。

ご安心ください。
今の時代は病院へ行かなくても自分でぼっき不全を治せる時代になりました。

なんとなく恥ずかしくて病院に行くのが嫌という方も、仕事が忙しくて平日病院に行くのは無理という方も、だれでも自分で治せるのなら、今すぐ試してみたいと思いませんか? いろんな方法があるので一つずつ紹介していきましょう。

ぼっきのメカニズムを解説!ぼっきにも種類があるって知ってた?

2017.11.28

ぼっきしない(ぼっき不全の)原因って?

2017.11.17

どのようにしてぼっき不全を治すのか

ぼっき不全を治すために何を始めたらいいのかご紹介します。
誰でも簡単に出来る方法なので、
忙しい方で時間に追われる毎日を過ごしている方でもすぐに始められるはずです。

やっぱり改善が必要な食生活の乱れ

私たち人間が健康な体で過ごすために日ごろの食事はとても重要です。

ところが、健康志向が高まっていると言われていても、
一日三食の食事をすべてバランスよくとることは非常に難しいのが現状です。

特に朝は朝食をしっかりとる方が減ってきました。
食事より睡眠を確保したいのです。

ぼっき不全を解消させるために有効な食べ物として進められているのが、
精の付くものとして昔から言われている、

  • ニンニク
  • 牡蠣
  • 長芋
  • ニラ
  • ウナギ
  • レバー
  • れんこん
  • 豆乳

などです。
これらの食材を毎日の食事で必要量を補うことで、
体に不足している栄養が補われて、
結果的にぼっき不全が解消されるというお話です。

メリット・デメリット

メリット デメリット
食材代だけで改善が出来る。 改善には長期間必要。

ぼっき力アップの方法とメリットの数々について

2017.11.17

ぼっき不全をサプリメントで改善させよう

サプリメントとは薬と違い健康補助食品に分類されます。
そのため薬とは違い即効性はないものの、
飲み続けることで体質改善を目指していけます。

実は近年、
ぼっき不全を改善させるためのサプリが誕生したことをご存じでしたか?

食事の見直しが必要という話をしましたが、
一日に必要な栄養をすべて食事で補うのはとても難しいのが現状です。

そこで助け舟となるのがサプリメントというわけです。

サプリメントで不足しがちな栄養素を補えれば、
体の中の栄養バランスを整えられるため、
結果的にぼっき不全が改善されることが期待できます。

もちろんいろんなタイプのサプリがある中で、
できれば少しでも効果の高いものがいいというのは誰もが思うでしょう。

ちなみにぼっき不全に効果が期待できる成分として、

  • 亜鉛
  • アルギニン
  • マカ
  • クラチャイダム
  • トンカットアリ」

これらが代表的な主成分と言われています。

いくら値段が高くでも、
これらの成分が一切含まれていないサプリは効果が期待できないと判断していいでしょう。

そのためにも、購入前に必ず成分表を確かめてください。
また、その含有量も多いほうがおすすめです。

メリット デメリット
効果の実感が速い。 多少の料金は掛かる。
(医者よりは遥かに安い。)

ぼっき薬と市販の精力剤との違いは?

2017.11.01

やっぱり病院に通って治したいと思う方もいる

確かに少しでも効果的にぼっき不全を解消させたいと思うなら、
専門機関を受診して治すという方法もあります。

気になるのはその一連の流れですが、まずは問診から始めます。

担当の先生は男性の先生がほとんどなので、
同じ男同士で話しやすいのが特徴で悩みを打ち明けやすい環境が整っています。

特に今の時代はぼっき不全の悩みを抱えて病院へ通う人が増えているため、特に恥ずかしがる必要はないでしょう。

問診のほかには薬を飲んで改善させる必要があるかどうかを判断するために健康診断として血液検査があったり、必要に応じて心電図検査が行われることがあります。

もしも追加検査が必要になった場合に行われるのは、

  • 夜間陰茎勃起試験
  • 人工勃起試験
  • カラードップラー試験
  • DICC

などの検査です。これらの多くは男性器がしっかり反応するかどうかを調べるため、少々恥ずかしい検査として知られています。しっかり調べる必要がある場合は我慢しなければいけませんが、中には恥ずかしくて検査を途中で断念する男性も少なからずいるようです。

男性器に細い注射針で直接薬剤を打ってぼっきするかどうか調べたり、寝ている間に周期的にぼっきが起きているかどうか男性器にバンドを巻いて調べることは、確かに少し恥ずかしいかもしれません。

メリット デメリット
確実に治る。
信頼性がある。
料金が高い。
恥ずかしい。

ぼっき不全に本当にサプリの効果は期待できるのか

ぼっき不全の悩みは男性にとって深刻で、
ストレスや加齢が原因だとしても、
ストレスを解消するのは難しく、
年齢を巻き戻すというのは出来ないためぼっき不全を諦めているという声も聞こえてきます。

しかし、いつまでも元気でいたい、
現役でいたいという男性が増えてきたため、
ぼっき不全に効果のあるサプリの人気がうなぎ上りなのも事実なのです。

そこで気になるのは、
「本当にサプリはぼっき不全に効果があるのか」
ということです。

世の中にはいろんなタイプの製品が発売されています。
値段もいろいろで驚くほど高価なものや、
手軽で買いやすいタイプも少なくありません。

しかし、判断基準は値段ではなく、
含まれている成分が重要なのです。

ぼっき不全ということは、
体が様々な栄養を不足している状態です。

  • アミノ酸
  • ミネラル
  • ビタミン

少なくともこれらの成分は精子をたくさん作るために必要な成分で、ぼっき力を改善させるだけでなく体質改善にも必要な栄養素なのです。普通のマルチビタミンなどでは補いきれないサプリがぼっき不全のために開発されたサプリなのです。

残念ながら、
ぼっき力をよみがえらせるためには、
気持ちでなんとかできるものではありません。

ストレスを上手に解消できたとしても、
ぼっきさせるために必要なアミノ酸、ミネラル、ビタミンが不足していればいつまでたってもぼっき力はよみがえらないでしょう。

もしもどんな商品を選んだらいいか迷っているなら、
ぼっき力を改善させるために必要な成分が含まれているのか、
そしてその成分は安全性が高いのか、高品質なのか、
その辺を確認してください。

また、ぼっき不全解消の効果を高めるためには含有量も確認しましょう。

偽物には注意が必要!

残念ながら世の中には粗悪品も出回っています。
必要な成分がしっかり含まれていたとしても、
その含有量はごくわずかで、
ほかはほとんど添加物というものも販売されているのが現状です。

少しでも高い効果を得るために、
ぼっき不全を解消させるためには、

  1. 成分の種類
  2. 安全性
  3. 高品質
  4. 含有量

この4つの事をしっかり確認してください。

出来る限り天然素材を使っている製品にもこだわりたいところです。
それから、医薬品ではないので即効性は期待できません。
あくまでも体の中から体質を改善して、必要な栄養を補うことで自己修復能力を高めるため、そして自然の力で精力がよみがえってくることを念頭に置いてください。飲み続けることでその力を発揮させるので気長に焦らず、体質が変化していくのを待ちましょう。

まとめ

ぼっき不全の悩みは珍しいものではありません。
年齢に関係なく悩んでいる男性は増えているのです。

だからこそ、
力を回復させるためにサプリを取り入れる人が増えています。

食事を見直すだけでは難しいですし、
病院へ行くのも億劫、
そんな男性にサプリは心強い味方になってくれることでしょう。

ぼっき障害とは?

2017.11.17

ぼっき状態はなぜ持続や維持ができない?適切な改善策とセックス時の対応で不安から自信へ

2017.11.17

ぼっきとは?

2017.11.01