ヴィトックスαの成分まとめ!全ての主成分の効果を説明!!

ぼっき不全に効果のあるヴィトックスαについてご紹介します。
どんな成分が含まれていて、それらがどのような効果をもたらすのか知っておくことで安心して飲むことが出来るでしょう。EDで悩んでいる男性必見です。

ヴィトックスαを実際に使うと、その効果に驚き!みんなの口コミとリアルに比較してみた!

2017.12.04

主成分

L-シトルリン

ヴィトックスαに含まれるL-シトルリンは、精力アップなどぼっき力改善筋力増強のためのサプリに含まれている成分の一種です。血管を拡張する作用があるため、ぼっき力回復の効果が見込めます。アミノ酸の一種です。

L-アルギニン

ヴィトックスαにぼっき力回復効果を高める成分のひとつとしてアルギニンが含まれています。アミノ酸の一種で年齢を重ねるごとに減少するため、サプリなどで補う必要があります。成長ホルモンの分泌が促されることで、男性の活力アップにもつながります。

亜鉛

男性のぼっき力を回復させる効果がある成分と言えば、外せないのが亜鉛です。効果の高さが魅力の成分で、男性の体の中でも特に前立腺は男性器の周辺にたくさん分布されています。男性の性機能と結びつきの強い成分です。

ガラナ

ぼっき不全と言えばガラナと言われるほど、精力アップには欠かせない成分の一つです。カフェインににた性質を持っていながら刺激が少ないことと、疲労回復や滋養強壮にも効果のある優れた成分です。ヴィトックスαには欠かせない成分のひとつです。

マカパウダー

マカはかつて戦で成果を上げた褒美として兵士たちに贈られたほど貴重な食べ物でした。2000年以上も前から男性の活力増強のために効果があるとして親しまれている成分です。ぼっき不全の解消効果だけでなく、滋養強壮にも作用します。

赤ガオクルア

赤ガオクルアという日本ではあまりなじみのないハーブですが、タイでは疲労回復だけでなく精力アップやぼっき不全に効果が期待出来る天然のバイアグラと呼ばれている植物です。バイアグラのシナデルフィルという成分ににた働きを持っています。

動物系成分

マムシ

精がつくといえばマムシは外せません。もちろんぼっき不全解消の効果をもたらす成分としてヴィトックスαにも含まれています。血行を促進するペプチドが含まれているため、血液量が増えてぼっき不全を解消させます。

すっぽん

すっぽんは言わずと知れた精がつく食べ物の代表です。ヴィトックスαにもぼっき不全解消のための成分として含まれています。アミノ酸、ビタミンA、ビタミンB1を多く含んでおり、そのほか疲労回復にいいグルタミン酸もバランスよく含まれています。

サソリ

日本人にはまだなじみのないものですが、サソリにはアミノ酸、亜鉛、β-カルボリンが含まれています。どれも男性ホルモンの生成を手助けしてくれる効果があり、ぼっき不全を解消させるためには積極的に取り入れたい成分のひとつです。

植物系成分

トンカットアリ

トンカットアリはハーブの一種です。マレーシアなど東南アジアで栽培されており、現地では性欲増進効果のあるハーブとして親しまれています。ユリペプチドという成分はコレステロールを男性ホルモンのテストステロンに変えてくれる働きを持っています。

ブラックジンジャー

ぼっき不全の原因とされる脳内物質のPDE5という物質を抑える作用をもたらすのがブラックジンジャーです。ぼっき不全治療の一環として使われている薬に似た働きを持っていることで注目されている成分です。

ヒハツ

血流をよくする作用をもたらしてくれるため、ぼっき不全が解消されるだけでなく、元気のなかった男性機能が回復する効果があったり、冷え性などの悩みも解消されます。血流が促進されるため薄毛や抜け毛、腰痛、肩こりなどの悩みにも効果的です。

ミネラル系成分

L-オルニチン塩酸塩

弱った肝機能の働きを保護してくれる働きがあります。そのほか、アンモニアを分解する働きも持っているため、疲労回復にも効果的です。ぼっき不全は疲労の蓄積も要因のひとつになっているため、積極的に取り入れたい成分のひとつです。

セレン

かつおぶし、まぐろ、カキ、ブリ、干しエビ、たらこなどに多く含まれています。血流が促進されるため血管拡張がなされ、ぼっき不全の改善にも効果があります。そのほか、免疫力がアップしたり、アンチエイジング効果も期待できます。

まとめ

ぼっき不全で悩む方の間で話題になっているヴィトックスαの成分についてご紹介しました。成分の働きが分かれば、毎日飲み続けることに不安が解消されるでしょう。どんな成分がどのような働きをもたらすのか理解して、健康補助食品として取り入れてみてはいかがでしょうか。

ヴィトックスαを実際に使うと、その効果に驚き!みんなの口コミとリアルに比較してみた!

2017.12.04

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です