【クイズ】勃起不全を治す場合、通販の薬と病院での治療どっちが安い?

勃起不全を治すなら、通販と病院、どっちが安い?

勃起不全を治そうと思った時、

①病院で治療する。
②通販で薬を買って治療する。

どっちが安く治療出来るかご存知ですか??

気になる答えはコチラをクリック⇒【答え】

勃起不全を病院で治す方法

EDを治療するために病院を選んでみたいという男性に役立つ情報です。ぼっき(勃起)不全を病院で治すためにどんな治療が行われるのかひとつずつ説明していきましょう。治療内容が分かれば不安も払しょくされるはずです。

ぼっき(勃起)薬での治療

ご存知の方も多いと思いますが、ED治療薬として使われている薬はいろいろあります。一番知名度が高いのはバイアグラですが、そのほかにもシリアスやレビトラなどの薬が存在します。それぞれ値段も様々ですが、一例をあげてご紹介します。

商品名 配合グラム数 値段
バイアグラ 1錠25mg 1300円から2000円
1錠50mg 1500円から2200円
シアリス 1錠10mg 1700円から2200円
1錠20mg 2000円から2500円
レビトラ 1錠10mg 1500円から2000円
1錠20mg  2000円から2500円

お得に使えるのはどれも20mgになりますが、10mgでもじゅうぶん効き目が感じられるという経験者は20mgを半分に割って飲んでいます。そのほうが経済的です。

初めて服用する場合は体質に合うかどうか心配なので一度病院で診察を受けて、OKが出たら再び病院で薬を処方してもらってもいいですし、通販で購入しても手軽に薬を買うことが出来ます。

ぼっき不全を治す方法で一番安いのはどれ?

2017.12.05

注射による治療

なんとなく痛そうなイメージがありますが、病院で直接陰茎に注射する治療法もあります。

ぼっき(勃起)不全のための治療として行われており、
すでにEDで悩んでいる男性の間でも話題になっています。

先ほど話した薬が体質的に使えない場合、陰茎海綿体注射、通称IC治療が行われます。ちなみに自己注射になるため、最初は病院で診察を受けて、カウンセリングを行い、テスト注射をします。あとは自分で必要な時に自己注射をします。診察や注射指導などすべて含むとおよそ7万円から10万円程度になります。

注射は1本あたりの相場が4000円から1万円前後となります。残念ながら保険適用外になるため、風邪をひいたときなどに比べると治療代は少々高くなります。

陰圧式勃起補助器具による治療

病院でいろんなED治療が行われていますが、
そのひとつに器具を使ったものがあります。

ぼっき(勃起)不全を治すためとはいえ器具を使うなんて不安があるという方もいますが、一般的に行われている治療ですし、安全も保障されているので特に心配の必要はありません。

薬が使えない体質の方に施されるもので、陰圧式勃起補助器具と言います。
まずは陰茎部分にシリンダーを挿入します。ポンプを使って真空状態にすると海綿体に血液が運ばれるという治療器具です。自分で操作できるものですし、使い方は病院で指導してくれるので安心しましょう。気になる値段は器具の値段として3万円から5万円前後となります。あくまでも相場なので少々値段の幅があります。

手術による治療

男性にとっていくらEDの治療でぼっき(勃起)不全を治すと言っても、病院で外科手術となると恐怖心が芽生えてくるかもしれません。しかし、数多くの実証例があるので、まずは信頼できる病院でカウンセリングを受けましょう

外科手術が行われる方法ですが、病院で静脈結紮手術(読み方:せいみゃくけっさつしゅじゅつ)が行われます。残念ながら保険適用外になるため、治療費は全額負担となります。相場はおよそ20万円前後ですが、陰茎のプロステーシス移植手術となると治療費が跳ね上がり、およそ60万円から70万円以上かかるのが一般的です。ちなみに手術に必要な材料費は別なので、プラスアルファの治療費が必要です。金銭的に余裕がある方はすでに手術を受けているようですが、高額な治療費になるのでしっかりと検討してから決断しましょう。

この場合、病院によってカウンセリングを無料で受け付けているところもあるので、担当してくれる先生との相性などを確認する意味でも、治療や診察、手術前のカウンセリングが整っている病院を探すことをおすすめします。

勃起不全完治までの薬の費用は?

EDの治療として勃起不全を治すために病院で薬を処方してもらったほうがいいのか、それとも費用が高額でも手術を受けたほうがいいのか悩むところでしょう。

例えば薬を飲む場合、自分のことだけでなく自分と同じように薬を服用している人たちの反応が気になるといいます。同じ薬を飲んでいるはずなのに、あの人は効き目がバッチリ出ていて自分はイマイチということもあります。これは薬との相性もありますし、人それぞれ体質が違うために反応の違いが出てしまいます。

中には飲み続けたことで勃起不全が完治したという人もいますし、薬を飲み続けたことで症状が改善し、めでたく子宝に恵まれたという話もあります。また、EDの薬を飲み続ける必要があると感じる人もいます。

ですから、トータルでどのぐらいの費用がかかるのかは人によってさまざまであることをぜひ覚えておきましょう。気持ちが焦ってしまうとそれがストレスになり、せっかくの薬の効き目が半減してしまう可能性もありますから、人は人、自分は自分と割り切ることが大切です。

結局病院と通販どっちが安いの?

結局どちらが安いのでしょうか?

簡単にわかるように表にまとめてみました!

病院 通販
バイアグラ 1500円〜+診療代 900円〜
その他の薬 1500円〜+診療代 900円〜
注射治療 7万円〜 無し
器具治療 3〜5万 無し
手術 20万〜 無し

 

やはり、病院だと、薬代と別に診察代が掛かるので、どうしても通販より高くなってしまうようですね!

完治までの期間や、薬の種類によっては病院の方が安く済む場合もあるようですが、

基本的にはやはり通販が安いようです!

通販で販売中のぼっき薬で
値段安い順ランキングは下をタップ!
ぼっき薬値段安い順ランキング

病院と通販薬のメリット・デメリット

病院で処方される薬と、通販で薬を購入する方法、それぞれのメリットとデメリットをお話しします。

まずは病院で処方される場合、やはり専門医にしっかり診察してもらえるという安心感があります。直接服用するものなので万が一自分の体質に合わなければ副作用が出てしまう可能性があるので不安が残ります。しかし一方で、一度診察を受けて薬が体質的に合うことが分かれば、あとは薬のストックがなくなったら薬を新たに購入するだけなので、再び病院に行って診察を受けるのは少々手間に感じてしまいます。特に週末しか仕事を休めないという場合は病院に通うのも一苦労でしょう。もちろん、普段ほかの薬を服用している方は薬の飲み合わせもあるので必ず担当医に相談する必要があります。

これを踏まえて考えれば、通販ならスマホやパソコンでネットに接続すれば、いつでもどこにいても注文することが出来ます。通販サイトは365日運営しているので、仕事の合間に注文することも、夜寝る前に思い出したように注文することも出来ます。通販のメリットが大きいように思う反面、初めて薬を飲む場合は体質的に合うかどうか不安が残るため、いきなり通販で薬を買うことは安全面から考えてもあまりおすすめできません。

まとめ

飲み続けていくことを考えたとき、少しでも値段がお得なほうが嬉しいのは誰にでも共通することです。もちろん値段のことだけでなく、体調のことも大事なのでお財布のことばかり考えず、飲み続けている中で少しでも体調の変化を感じたら専門医を訪ねるようにしましょう。

ちなみに私はめんどくさがりなので通販で薬を買う派ですw

ぼっき力をアップするには?勃起力をアップする3つの方法を大公開!

2017.11.17

ぼっき状態はなぜ持続や維持ができない?適切な改善策とセックス時の対応で不安から自信へ

2017.11.17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。