ぼっき状態はなぜ持続や維持ができない?適切な改善策とセックス時の対応で不安から自信へ

原因を取り除くのが難しい心因性の場合

ぼっき状態の持続や維持ができない原因は、
大きく分けると心因性器質性かです。

心因性の場合は内容が人それぞれ異なるため、
特定が難しいのが特徴となります。

代表的な理由となるのはストレスであるものの、
何をストレスと感じるか、
ストレスと感じ取っているかどうかの問題もない訳ではありません。

もちろん、ご自身ではなく、
相手に理由がある場合もあります。

原因そのものを取り除くのは非常に難しいのが事実です。

ストレスや緊張や義務的なセックスなど、
ぼっき状態を持続や維持できない理由は多岐に渡っています。

充実したセックスライフを送っていたとしても、
ある日突然ぼっき状態を持続や維持できなくなってしまうことも往々にしてあるものです。

ぼっきのメカニズムを解説!ぼっきにも種類があるって知ってた?

2017.11.28

ぼっき力アップの方法とメリットの数々について

2017.11.17

セックス中にあれこれ考えるのが理由

セックス中にあれこれ考えてしまうのは、
ストレスや緊張に繋がっていきます。

女性を満足させられているか、
ぼっき状態を持続や維持をできなくならないか、
といった不安を抱える男性は少なくありません。

脳が性的興奮状態になるために、
副交感神経優位のリラックス状態は必要不可欠です。

緊張や焦りは性的興奮状態から解けてしまうため、注意しないといけません。

精力の低下が原因となる器質性の場合

器質性の場合は心因性に比べると原因はハッキリしています。

20代後半から、
徐々に減退していくテストステロンの低下は深刻な問題に繋がりかねません。
ぼっきや精子の生成や性欲を生み出すホルモンであるからです。

さらに、血管の老化や血流の悪化についても勃起を持続できなくなる理由になります。

生活習慣に問題がある方は、
ぼっきの持続力に大きく影響を与えていると考えるべきでしょう。

精力をしっかり管理しているのなら、
年齢を重ねてもぼっき状態を持続や維持できるものの、
精力の管理を怠っている方も少なくありません。

年齢を理由にセックスを諦める方もいるものの、年齢の問題ではなく、根本的には精力の管理の問題になります。

心因性と器質性の繋がりで症状は悪化

器質性が理由でぼっき状態を持続や維持できなくなり、
そして心因性の理由も相まってさらに症状が悪化してしまう場合もあるのが厄介な点といえます。

問題となるのはなぜぼっき状態の持続や維持ができないのかを知ることです。
原因が分かっているのなら適切な改善策は確かにあります。
そして、少しのセックス時の対応を変えることによって、男性としての自信を取り戻すことはできるのが事実です。

ぼっき不全の原因は?

2017.11.17

ぼっきに関する問題を解決するための改善策とは

ぼっきに関する問題を解決するための改善策の基本となるのは、必要な栄養素をしっかり摂取することです。血管力を高めるためにアルギニンを積極的に摂ることを考えるべきでしょう。

アルギニンは体内で一酸化窒素に変わって血管を拡張させる働きがあります。

アルギニンが含まれている食材としては、

  • 豆類
  • 魚類
  • 鶏肉

などです。

さらに、
アルギニンの元になるシトルリンを一緒に取ることで、
アルギニンの効果が増強されます。

玉ねぎ、きゅうり、スイカ、ヘチマなどの食材にシトルリンは多く含まれます。

また、抗酸化食品を摂る意識も高めるべきです。

加齢によって抗酸化力はどんどん弱まっていくため、
外から抗酸化作用のある栄養素を摂る意識を持つのが大切になります。

抗酸化力の高い栄養素はビタミン類で、
緑黄色野菜や乳製品やナッツ類などに多く含まれています。

亜鉛もぼっきに関する問題を解決するために必要な栄養素になります。
男性ホルモンの合成や精液や精子の生成といった性機能を高める上で大きなプラスです。
亜鉛不足が理由で男性ホルモンの減少や勃起障害が起きやすくなってしまうため、意識的に亜鉛を含む食品を摂るようにすべきといえます。

ただ、
日々の食事から全ての栄養素を摂取するのは現実的とは言い難いです。

そのため、
精力剤を活用する手を頭に入れるのが良いでしょう。

食生活の改善が難しいという方であっても、
飲むだけでぼっき状態の持続や維持にプラスに働きます。

ぼっきに関する問題を解決するために必要な栄養素をしっかり含んでいるため、効率良くサポートができます。
偏った生活習慣が高脂血症や高血圧などを引き起こし、そして生活習慣病は動脈硬化を促進させて血管が細くなる理由に繋がります。

不規則な生活習慣はぼっきの状態の持続や維持に大きくマイナスです。
自覚しているレベルであるのなら、できることからでも改善していく意識を持たないといけません。

病院での治療でぼっきに関する問題を解決

ぼっきに関する問題を解決するために、
病院での治療を受けるのも一つの手です。

問診と検査の結果に基づいて治療薬を服用できるかどうかが判断されます。

治療薬で対応できない重度の障害があるのなら、
別の治療法や医療機関を紹介されます。

病院ではまずシンプルな治療法を試していき、
そして改善が見られない場合に綿密な治療法を選択して治療を行っていくのが基本です。

心因性の場合でも器質性の場合でも同じで、
症状と治療の効果に合わせて適切な治療法を選択していきます。

生活習慣病や血管の病気を併発していないかを確かめる上においても病院での治療は大きな意味があるといえるでしょう。

ワイドスクワットで筋力アップさせる意味とは

骨盤底筋や内転筋などの股関節周辺の筋肉の低下は勃起力の低下に繋がります。これらの筋肉がペニスの根元を支えているからです。

また、筋肉トレーニングによって男性ホルモンの分泌が増加する点も頭に入れておいた方が良いでしょう。
効率的に性機能を高める上で欠かせないのが筋肉トレーニングです。

ワイドスクワットはセックスで前後のピストン運動をするために必要な大腰筋を鍛えることができるのも大きいといえます。

睡眠時間を6時間以上に

睡眠不足になると成長ホルモンや男性ホルモンが減少してしまいます。
勃起力が低下する理由になるため、
睡眠時間を少なくとも6時間以上は確保すべきです。

勃起の持続力を高めるに、
生活のリズムを整えて睡眠時間を確保するのは重要であるのは間違いありません。

仕事で忙しく、
あまり睡眠時間を確保できていないという方も少なくないでしょう。

特に年齢を重ねるとぼっきを持続できなくなる要素はどうしても多くなってしまいます。
自律神経が乱れるとぼっきの持続に悪影響を与える結果になることも少なくありません。
男性ホルモンの分泌を低下させないためには、睡眠時間が6時間以上必要であるのは研究で証明されています。

ぼっき力をアップするには?

2017.11.17

喫煙が性機能に及ぼす影響とは

タバコには様々な有害成分が含まれているのは多くの方が既にご存知のはずです。

ペニスを覆う白膜や血管の内皮細胞を傷つけてしまい、
ぼっきの持続力を低下させる原因となってしまいます。

さらに、ニコチンには血管を収縮させる作用があります。
ぼっきの硬さにも悪影響を与えてしまいます。

そして、非喫煙者に比べるとぼっき障害の頻度がおよそ1.8も倍高いのも事実です。
体内の活性酸素が増えてしまって精子の劣化に繋がり、
男性ホルモンが低下する理由になります。

タバコが性機能や生殖機能に及ぼす影響はマイナスばかりです。
喫煙者の方がタバコをやめるのはそう簡単ではないものの、ぼっきの持続力に大きなマイナスであるからこそ、禁煙する意識を持つのが良いでしょう。
禁煙外来に足を運ぶ、あるいはニコチンパッドを活用するなどして、禁煙できるように取り組む姿勢が大切になります。

精神的なストレスや緊張からの脱却がカギ

精神的なストレスや緊張が理由でぼっきの持続や維持が難しくなっている方は少なくありません。
できるだけ精神的なストレスや緊張から脱却するということを意識するのが大切になります。
器質性の理由があるのなら、原因はハッキリするものの、心因性の場合は原因が分からない場合も少なくありません。
少しでも自信アップに繋がる理由を持つことで、ぼっきに関する問題の解決に繋がっていきます。

マンネリセックスは飽きに繋がる

マンネリセックスは一つの義務と思ってしまう方も少なくありません。
性的興奮が全くない同じプレイの繰り返しは飽きに繋がってしまいます。
そのため、セックスをする際に、
プレイスタイルを変えて刺激を加えるのが一つの効果的な方法です。

  • 普段は自宅でのセックスだったらホテルに場所を移す
  • 小道具を使ってお互いが新しい刺激を得る

といった新鮮味溢れるシチュエーションをつくるのが大切になります。

ただセックスをすれば興奮する訳ではない方も少なくありません。
毎回変化を求めるのではなく、
飽きを感じた時に違うシチュエーションで楽しむ姿勢が勃起状態の持続や維持に繋がっていきます。
精神的に開放されていれば、
自然とぼっきに関する問題の解決に繋がるでしょう。

イメージ療法でリラックス

中折れしてしまうかもしれない、
ぼっきしないかもしれないといった不安は多くの男性が抱えています。

ネガティブなイメージが負のスパイラルに陥る理由になるのは間違いありません。
だからこそ、ポジティブなイメージを持つ意識が大切です。

過去の失敗の経験がトラウマとなってしまうのは避けないといけません。
イメージ療法で大切なのは成功した経験をイメージすることです。
たった一度の成功が次の成功にも繋がる可能性を高めます。
自分は無事セックスができたという経験を積み重ねるためには、イメージ療法が効果的となります。

まとめ

ぼっきの持続や維持に関する問題は本人の努力次第で改善できます。
何が原因であるのかを把握し、改善策を用いて適切な対応をすべきです。

セックス時に自信を持てるように良いイメージを大事にし、
刺激的なシチュエーションで楽しむのも重要といえます。

決して全てをいきなり変えようとしなくても問題ありません。
改善策の中から自分が選択できるものを選択して取り組むのが良いでしょう。
セックスをより楽しめるようになるかは、本人の対応次第です。

ぼっき障害とは?

2017.11.17

ぼっきしない(ぼっき不全の)原因って?

2017.11.17

ぼっき薬と市販の精力剤との違いは?

2017.11.01

ぼっきとは?

2017.11.01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です