カピカチュ(ムクナ)の効果を徹底検証!インドの伝統医学に基づく精力剤の実力は!?

カピカチュムクナ
  • 最近勃起力が落ちてきて夜の営みが不安・・・。
  • 完全にEDになってしまったけど、治療薬を使うのは怖い・・・。

こんなお悩みを持った男性の方は多いのではないでしょうか?

EDを治療したくても、バイアグラを始めとした治療薬は副作用が怖いし、得体が知れないのでとっつきづらいですよね。

そんな方にオススメの、精力剤があります!

それは・・・「カピカチュ(ムクナ)」です!

どのような精力剤なのでしょうか。口コミや成分から、効果や副作用について徹底調査しました!

カピカチュ(ムクナ)とは?

カピカチュとは

カピカチュとは、ヒマラヤハーバル社というメーカーで製造されている、ED改善効果の期待できるサプリメントです。インドの伝統医学である、アーユルヴェーダをベースにして商品開発されました。

アーユルヴェーダとは?

カピカチュムクナアーユルヴェーダ

アーユルヴェーダとはインドの伝統医学です。

これは精神や肉体の協調、健康をケアすることで、全体的なコンディションを整えます。そうしたアプローチで自然の力を借りる治療法が特徴の医学です。

現代医学のように、病気にかかってから治療する対症療法ではありません。常日頃から健康を維持し、病気の予防をしていくアプローチがアーユルヴェーダの特徴です。

ヒマラヤハーバル社は精力剤メーカーとしてそこそこ有名な会社です。数百種類という薬用植物を原料にして、各種商品を製造しています。

カピカチュ(ムクナ)のED治療薬としての効果

インドの人はやる気に満ちた毎日で、日々の生活を楽しくエネルギッシュに過ごしている方が多いそう。なぜこのように元気に過ごしているのか、ヒマラヤハーバル社が疑問に感じて調査したようです。

すると、カピカチュの主成分であるムクナ豆を日ごろから摂取しているからではないか、と着目しました。ムクナ豆は本場インドでは、実に4500年以上前から愛用されている伝統的なハーブです。

EDに悩んでいて、若いころのような勃起力を取り戻したい、と思っている人もいるでしょう。

でも、クリニックに行ってED治療薬を使用することには、抵抗のある人も多いのではありませんか?

ちんこのことでわざわざクリニックに行くのは面倒だし、恥ずかしいでしょう。また、バイアグラをはじめとしてED治療薬には副作用のリスクもあります。だから薬の使うのは・・・。と思っている人もいるでしょう。

カピカチュはムクナをはじめとして、すべてが天然由来の成分で構成されています。ですから、医薬品を服用するのと比較すると、かなり副作用のリスクは低いです。安心して男性機能の回復の狙える精力剤といえます。

カピカチュ(ムクナ)の口コミ・評判

カピカチュムクナの口コミ評判

カピカチュ(ムクナ)は日本国内でも購入できる精力サプリメントです。

効果はどうなのでしょうか?本当にED治療に効くのでしょうか。以下ではインターネットに投稿されていた、実際に使ってみた人の口コミを紹介します。

カピカチュの悪い口コミ

40代男性の口コミ
カピカチュ(ムクナ)を使い始めて1ヶ月です。すぐに効くと思っていたのに効果なし。残念です。
40代男性の口コミ
使い始めて4ヶ月です。サプリなので仕方ないですが、思っていたほどED改善に効果は無かったです。自分とは相性が悪かったのかもしれません。

カピカチュの良い口コミ

30代男性の口コミ
勃ちが最近悪いのが気になっていて、インターネットで仕事の合間を縫っていろいろと情報収集していました。そんな時に出会ったのが、カピカチュでした。ムクナという豆の一種が原料で、副作用の心配もないだろうと思って気軽な気持ちで購入しました。私の場合、勃起しても中折れになってしまうのが特に大きな悩みでした。でも最近中折れの症状が起こりにくくなって、勃起の持続力もアップしているなと感じています。医薬品のように錠剤から独特な香りもなく、抵抗なく飲めるところもいいですね。
40代男性の口コミ
年齢のせいか、勃起しても十分な硬さにならないのが気になっていました。でもED治療薬を使うと動悸が激しくなるとか、顔がほてった感じになるというので抵抗がありました。カピカチュはサプリメントで副作用の起きる心配がないということで試しに購入してみました。摂取し始めて1か月半くらい経過したところでしょうか。彼女から「硬さが違う」といわれました。今までよりも芯がしっかりしているような感じで、ここまでパワーが戻ってくるとは正直思っていませんでした。続けられるリーズナブルな価格なので、1日2錠飲む習慣が今や手放せません。
50代女性の口コミ
結婚して10年経過したのですが子宝に恵まれませんでした。そんな時夫から「こんな商品があるよ」と聞いて、カピカチュの存在を知りました。今は病院での不妊治療の一方で、カピカチュを夫婦ともども摂取しております。まだ子宝に恵まれるわけではないですが、いろいろなアプローチで対策をしていって手ごたえは徐々に感じています。カピカチュは副作用の心配もなく、長い目で対策できるところも気に入っていますね。

カピカチュ(ムクナ)の口コミ分析

カピカチュムクナの口コミ分析

カピカチュ(ムクナ)で効果を感じられなかった方は、使っている期間が短い方が多く見受けられました。カピカチュは医薬品ではなくサプリメントです。効果の感じ方・感じられるようになる期間には個人差があります

効果を感じられた方は、精力・勃起力改善に効果を存分に感じられたようです!男性だけじゃなく、女性の不妊にも効果が期待できます!副作用も、自然由来の成分故に少ないサプリメントです!皆さんの満足度は、かなり高いようですね♪

カピカチュ(ムクナ)の成分・効果

カピカチュムクナの成分効果

カピカチュ(ムクナ)の主成分として、ムクナ豆というものが含まれています。ムクナは現在、精力剤だけでなく、医学でも注目を集めている成分です。

ムクナ豆は、ネパールを原産地としたマメ科の植物のことです。

日本では、八升豆(ハッショウマメ)という名前で親しまれています。1本から八升の豆が収穫できる、というところから、このように名づけられました。

ムクナ豆は、「植物界のシーラカンス」というニックネームで紹介されることもあります。これは、非常に原始的な植物であることから、このような名前が付けられるようになりました。

ムクナ豆は、枯れた土地でも、温度と水分が十分であれば育つ生命力の高さが特徴です。土壌の保護や緑肥などの農業でもしばしば活用されています。

優れた栄養価があって、高い精力増強効果が期待されています。このため「天然のバイアグラ」という名称で紹介されることもあるほどです。

ムクナ豆には、L-ドーパという成分が豊富に含まれています。このL-ドーパは摂取するとドーパミンという脳内物質に変換されます。

L-ドーパでドーパミンの分泌を促す

ドーパミンは「脳内麻薬」という風に紹介されることも多いです。人間が快感を感じるときに放出される神経伝達物質で、そのほかにもやる気が出て集中力の高まりの効果もあります。このドーパミンは、精力とも深く関係しています。

男性機能や男性の性欲をつかさどっているのは、テストステロンという男性ホルモンの一種です。テストステロンが活発に分泌されるようになれば、勃起力は向上しますし、性欲旺盛にもなります。

このテストステロンを分泌するためには、ドーパミンの刺激が必要です。ちなみにこの逆もあって、テストステロンが分泌されることでそれが刺激になり、ドーパミンの分泌が促進されるという側面もあります。

このようにテストステロンとドーパミンとには相互作用があります。精力増強するためには、ドーパミンの存在がどうしても必要なのです。

年齢とともに、性欲がなくなってしまうとよく言いますよね。これは、ドーパミンの放出量が関係しているから、と言われています。

年齢を重ねれば重ねるほど、老化によってドーパミンの分泌が鈍くなるようです。その結果、興奮しにくくなり、テストステロンの分泌も悪くなります。そして、精力減退の状況に陥ってしまうようです。

テストステロンの分泌量が少なくなると、

  • 勃起がなかなか起こらない
  • 勃起しても十分な硬さにならない
  • セックスしても射精する前にペニスが萎える、いわゆる中折れの状況に陥る

などのEDの症状が顕著になるそうです。

ムクナに含まれるL-ドーパが体内に摂取されると、ドーパミンの分泌が活発になります。テストステロンの分泌が促進され、EDの症状改善や性欲の向上、勃起の持続力の改善、精子量の増加などの効果も期待できるようです!

精子量も増えますので、不妊に悩んでいるカップルにもおすすめの成分といえます。

テストステロンについて詳しい内容はコチラ!

パーキンソン病にも効果アリ?

またムクナは医学界でも注目を集めています。というのも、パーキンソン病に効果があるのではないかとみられているからです。

パーキンソン病は運動障害ですが、原因としてドーパミンの生成量の減少が関係しています。ドーパミンを増やす効果の期待できるムクナは、パーキンソン病の症状進行を食い止める、症状緩和するのに一役買ってくれるのではないかと注目されているわけです。

9種の必須アミノ酸

ムクナにはそのほかにも9種類の必須アミノ酸が含まれています。これも、精力アップに期待できる根拠の一つです。

アミノ酸は私たちの体を構成する重要な栄養分です。代謝するのにも欠かせない成分になります。丈夫な体を作り、性欲を高めるのにも欠かせない栄養分です。

このような成分が含まれているカピカチュ(ムクナ)で、精力の全体的な底上げ効果が期待できる、というわけです!

カピカチュ(ムクナ)の使い方・注意点

カピカチュ使い方注意点

カピカチュの使い方は、1日2回朝食と夕食後に1回1錠摂取します。

ほかの成分の影響を受けないためにも、飲み込むときには水もしくはぬるま湯を使いましょう。

ただし朝食後と夕食後はあくまでも目安で、飲み忘れても1日2回服用すれば問題ありません。医薬品のように用法が厳密に規定されているわけではないです。

バイアグラなどのED治療薬の場合、食後だと効果が薄れてしまうなどといわれます。しかしカピカチュの場合、食事の前後によって効果にムラが生じることはまずありません。

カピカチュに含まれる成分によって副作用で深刻な健康被害が出たと報告はありません。

使用上の注意点は?

カピカチュはサプリメントであって、医薬品ではないです。なので、過度な即効性はありません。なので、最低でも3ヶ月ほどはジックリと試していきましょう

効果が表れるのは個人差があります。しかし早ければ1か月・遅くても半年以上摂取して徐々に効果の実感できる人もいます。

併用禁忌に関しては特別指定されていません。バイアグラなどのED治療薬と併用することも可能です。

カピカチュ(ムクナ)の最安値比較(Amazon,楽天,お薬ラボ)

カピカチュムクナ通販最安値

カピカチュはドラッグストアなどの店舗で取り扱っていることはまずないでしょう。通販サイトからの購入が一般的です。大手通販サイトである楽天や、Amazon、オオサカ堂ではどうでしょう?

Amazon

カピカチュムクナAmazon

Amazonでの、カピカチュ(ムクナ)の取り扱いはありませんでした。

楽天

では楽天ではどうでしょう?

カピカチュムクナ楽天

楽天でも、カピカチュ(ムクナ)の取り扱いがありません。

通販最安値はお薬ラボ!

調べたところ、取り扱いがあるところで最安値なのは、お薬ラボでした!

お薬ラボではカピカチュ(ムクナ)が1本、2本、3本という風に販売されています。それぞれ1,350円、2,480円、3,850円でした。まとめ買いをしていくごとにお得になっていくようです!

また、お薬ラボではきちんと本物の証となる鑑定証を提示しています!お薬ラボでの購入オススメできる要因の1つでもあります!

個数 販売価格
60錠 1,500円→1,350円
120錠 3,000円→2,480円
180錠 4,500円→3,850円

カピカチュ(ムクナ)のまとめ

カピカチュムクナについてまとめ

インドの伝統医学に基づき開発されたカピカチュは、副作用のリスクの低いことで知られています。

気軽に安心して摂取できるところが魅力です。精力剤というと、高価な商品が多く、長く続けるのが難しいものも少なくありません。

しかし、上で紹介したようにカピカチュは、比較的リーズナブルな価格で販売しています。ですから、お試し感覚で手軽に購入できるところもいいです。

お悩みの男性機能をカピカチュ(ムクナ)で治して、楽しい夜の営みをされてはいかがでしょうか!


合わせて読みたい
ぼっき(勃起)の基礎知識


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。