男性更年期障害の治療法について 訪れる性欲減退に打ち勝つ方法とは!?

男性更年期障害の治療法について
  • 歳を取るにつれて興奮もしないし、やる気も出ない・・・。
  • ここ最近ストレスのせいか明らかに勃起力が落ちてきている・・・。

こんな症状は、もしかしたら男性更年期障害かもしれません。

男性更年期障害は、生活習慣によっては30代以降の男性誰にでも起こりうる障害です。

放っておくと気づかぬうちにどんどん症状が進行し、男性の生殖機能を失ってしまう危険性があります。

そんな男性更年期障害を今すぐに予防・改善して、魅力的な男性でいられるようにしましょう!

妻や彼女とのセックスレス等も十分に改善することが可能です。

※画像タップでジャンプします

男性更年期障害とは?生殖機能を低下させる重大な症候群?

男性更年期障害とは?

男性更年期障害とは、加齢やストレスによって一定以上にテストステロンの分泌が減ってしまい、身体に様々な症状を引き起こしてしまっている状態のことです。

別名LOH(加齢男性性機能低下症候群)とも言われています。

テストステロンは、主に精巣で産生される男性ホルモン(アンドロゲン)のことです。

性ホルモンの減少によって起こるという意味では、女性の更年期障害と発症する原因は一緒とも言えます。

精巣で作られる男性ホルモンが減ってしまうため、男性の生殖機能において様々な悪影響を及ぼし、その結果勃起力・性欲の低下やED(勃起不全)を引き起こすのです。

その他癌や生活習慣病、鬱、認知機能などのリスクが非常に高くなります。

ぼっき.com研究員
ここ最近何事にも興奮しなくなってきたあなたは、実は男性更年期障害かもしれません。

男性更年期障害の主な症状

更年期障害の主な症状

男性更年期障害は、身体・心や精神・男性性機能という、3つの機能に悪い影響を及ぼしてしまいます。

身体的な症状

身体的症状

多汗、ほてり、不眠、めまい、メタボ、疲労感などが身体的な症状として現れます。

運動したわけでもないのに汗をかいたり、身体が突然カーッと熱くなってのぼせたりする場合は、男性更年期障害からくる症状が原因の可能性があります。この症状は「ホットフラッシュ」とも呼ばれる症状です。

テストステロンの低下は肥満を招き、重大な疾患の引き金になってしまうこともあります。

年齢による体型の変化だと放っておくと、取り返しのことになります。

ぼっき.com研究員
年齢と共に太りやすくなったと感じる方は、そういった症状を見逃さないように注意してください。

心・精神的な症状

心・精神的な症状

イライラ、不安、鬱、食欲不振、集中力・やる気の低下などが心・精神的な症状として現れます。

「些細なことが気になってイライラする」「なぜか憂鬱な気分が続く」

などの精神症状も、男性更年期障害によって起こります。

テストステロンは脳の認知機能にも関わっているので、集中力が持続しなくなったり、やる気が出なくなったりしている方は注意してください。

放置すると仕事のパフォーマンスの低下、運転や細かい作業などで支障をきたす、などが起こるかもしれません。

ぼっき.com研究員
早めの対策を取って、重大な失敗や事故につながらないようにしましょう。

性に関する症状

性に関する症状

ED(勃起不全)、性欲・精力減退、朝立ちしなくなる、頻尿、精子の量・運動率の低下、精子のDNAの破損率が高くなる

などの症状が性に関する症状として現れます。

男性機能が低下するのも、男性更年期障害の症状の1つです。

朝立ちしない、勃起が長続きしない、勃起しても硬さが足りないなどの症状を感じる方は加齢や疲れでもなく、テストステロンの低下が原因かもしれません。

また、性欲や精力が減退してしまうと、妻や彼女とのセックスレスの原因になってしまいます。

ぼっき.com研究員
加齢と共に起こる症状だから仕方ない・・・。と思ってしまいがちですが、適切な対策を取れば20代の頃のようなビンビンペニスを取り戻すことが出来るのです。

セックスレスを解決する方法は?離婚に繋がる原因を解決して夫婦関係を元に戻す方法を調査

2018.08.03

男性更年期障害の原因について テストステロンを減らしてしまう要因とは

男性更年期障害の原因について

上記にもあった通り、男性更年期障害はテストステロンの分泌量減少が原因で起こります。

女性の更年期障害は、閉経前後に起こる急激な女性ホルモンの低下が主な原因です。

男性ホルモンは閉経のような大きなきっかけで減少するわけではありません。

このテストステロン減少の主な原因は、

  • 精神的・肉体的ストレス
  • 悪い生活習慣による影響(睡眠不足・運動不足・喫煙・過度な飲酒)
  • 偏った食生活

などが原因で引き起こります。

こういったストレスや、加齢によって蓄積されていく酸化ストレスによってゆっくりと低下していきます。

ぼっキング
男性更年期障害にならないためには、健康第一ってことやな!!

男性更年期障害になる年齢について 若い年代の男性でも十分になる可能性がある!?

男性更年期障害になる年齢について

一般的に「更年期」は40代後半から50代前半を指す言葉です。そのため、この年代の男性が男性更年期障害になる、と言われています。

しかし、働き盛りである20代や30代の方でも十分に発症する可能性があるのです。

テストステロンの減少が主な原因で起こるのですが、このテストステロンの値の度合いに、個人差があることが要因になっています。

不規則な生活習慣や、仕事などのストレスの影響を受けると、若い世代の男性でもテストステロンの値が大きく減少していき、男性更年期障害を発症してしまう可能性があります。

更年期を過ぎても、仕事の定年等による環境の大幅な変化をきっかけに、60代以降でも発症してしまうケースがあるようです。

そういった意味では、どの年代の男性も正しい対策法を知っておく必要があります

ぼっき.com研究員
若い頃の生活習慣やストレスは、後のテストステロンの値に大きな影響を及ぼします。若いからと言って安心することもできません。
ぼっキング
若い頃喫煙・飲酒を慢性的に行ってたんだけど・・・。テストステロンを増やすにはどうすれば・・・?

男性更年期障害の対策は?自宅でも簡単にできるテストステロンの増やし方!

男性更年期障害の対策は?

かなり男性更年期障害の症状が深い場合は、専門の外来を受診し、男性ホルモン補充療法を取るしかありません。

治療の際は泌尿器科の外来を受診する必要があります。

しかし、外来の受診となると忙しい方はなるべく時間を取られたくないですよね。

医師の力を頼らずに、家で改善が出来るなら個人で改善していきたいものです。

そこで、自分でも簡単に出来る男性更年期障害の改善方法をご紹介したいと思います。

ストレスの緩和

男性更年期障害ストレスの緩和

男性更年期障害は、加齢が原因ですがそれ以上にストレスが大きな原因になっています。

ストレスを感じると、ストレスホルモン(コンチゾール)によってテストステロンが低下します。

最大の原因となるストレスを緩和することが、男性更年期障害治療の第一歩となります。

そのためまずは、ストレス発散することの出来る趣味や場所を探すことがオススメです。

また、他人と競い合うことで人から評価を受けれる、または競い勝つことで快感が得られるような趣味がいいでしょう。

勝負等で達成感や快感を得ることが出来れば、テストステロンの分泌を促進することが出来ます。

将棋やチェス、ゴルフ、カラオケなどなんでも構いません。運動系の趣味は運動不足の解消にも繋がるので、更に効果を得られます。

ぼっき.com研究員
ストレスを緩和してテストステロンの分泌量を減らさずに増やすところから始めてみましょう。

運動不足の解消

男性更年期障害運動不足改善

適度な運動や負荷の大きい筋トレは、テストステロンを大きく増加させてくれる働きがあります。

運動なら最低15分以上の有酸素運動がオススメです。

また、筋トレならば短時間で多くの筋肉や大きな筋力を必要とするハードなものがいいでしょう。

10回~15回程度で限界のくる負荷をかけたスクワットやベンチプレス、デッドリフトなどがオススメです。

ぼっき.com研究員
激しすぎる運動は逆にテストステロンの値を下げてしまう恐れがありますので、注意してください。

ぼっき力を回復させるために効果的な筋トレがあるってホント?

2017.12.12

十分な量の睡眠・質のいい睡眠をとる

十分な量の睡眠・質のいい睡眠

テストステロンは朝に高くなり、夕方に低下していく傾向があります。

これは、眠っている間にテストステロンが分泌されるためです。

不眠症や不規則な生活習慣で十分な睡眠が摂れないと、テストステロンの値が低いままになってしまいます。

したがって、以下のことに注意しながら睡眠の質を高めていきましょう。

  • 就寝3時間前には夕食を済ませる(消化活動を終わらせるため)
  • 寝る90分前にお風呂に入る(入浴で身体をリラックスさせるため)
  • スマホやテレビは寝る30分以上前に使うことをやめる
  • 室温や湿度を気温に応じて適切な状態に調節する
  • 部屋は適度に暗くする、昼間に寝る方はなるべく遮光カーテンを使う
  • 身体に負荷のかからない寝具を選ぶ
ぼっき.com研究員
忙しい方は睡眠に対してここまでの注意を払えないと思いますが、1つからでもいいので始めてみてください。

食生活の改善

男性更年期障害食生活改善

食生活もテストステロンの分泌に大きな影響を与えます

亜鉛や山芋、トンカットアリ、ビタミンDなどはテストステロンの分泌を増やすために必要な栄養素になります。

トンカットアリ(マレーシアニンジン)の報告がある。76名のLOH患者で有意にテストステロンの上昇を認めた。
引用:日本Men’sHeaitl医学会

亜鉛とビタミンDは血中濃度が高い人ほど、テストステロン濃度が高いという報告もあります。

これらの成分を含むサプリメントでも、2週間の摂取で十分にテストステロンの値を増加させ、男性更年期障害の改善に役立ってくれるのです。

その他軽度のEDに悩む患者に、シトルリンやアルギニンを1日1500mg飲ませたところ勃起機能が改善したという報告もあります。

これらの成分には血管の拡張作用があるため、男性機能の改善に十分な効果が見込めます。

ぼっき.com研究員
亜鉛やトンカットアリ、アルギニンシトルリン、その他山芋やタマネギなどが男性更年期障害には有効です。

精力剤サプリメントを使う

精力剤サプリメント

上記にあった通り亜鉛・トンカットアリ・アルギニン・シトルリンを多く含む食材を継続的に摂ることが出来れば、加齢やストレスで減少するテストステロンを増やすことが可能です。

しかし、これらを食事から十分な量を摂取することは非常に難しいです。

亜鉛なら毎日牡蠣を5個食べれば、十分な亜鉛を摂取することが出来ます。

牡蠣を毎日5個も食べるとなると、男性更年期を改善する前に痛風の症状に悩まされることでしょう。

そうならないためにも、男性機能改善に必要な成分をバランスよく配合した精力剤サプリを摂取することがオススメになります。

まずは精力剤サプリを摂取し続けて様子を見ながら、運動・睡眠・生活習慣を改善すれば、おのずと男性更年期障害を予防・改善することができるでしょう。

それでも改善しなかった場合は、泌尿器科の外来を受診することをオススメします。

男性更年期障害についてまとめ

男性更年期障害についてまとめ2

男性更年期障害は、テストステロン値のピークである20代を超えた男性になら誰でも起こってしまう障害です。

  • 最近太ってきたけど、歳だから仕方ないだろう・・・。
  • 性欲や勃起力は年齢と共に無くなるっていうし、自然なことだろ・・・。

こんな風に考えていると、いつの間にか男性機能を使えなくなってしまうかもしれません。

実生活にも重大な影響を及ぼす症候群なので、早いうちから生活習慣を改善して、症状の予防・改善に臨みましょう。

改善には長期的な努力が必要になりますが、改善できた頃には若かった頃のような活力が戻るはずです。

テストステロンが高い男性は女性にモテやすい、といいますが、詳しいテストステロンに関する作用などは以下の記事をご覧ください。

男性更年期障害を克服して、20代の頃のような活力溢れる男性を目指しましょう。

テストステロンとは?増やす方法や減少による悪影響などについて徹底調査

2018.05.30

オススメ精力剤ランキングBEST3

※画像タップで最安値に飛びます
第1位クラチャイダムゴールド
マカを超える精力植物「クラチャイダム」を贅沢配合!
クラチャイダムゴールド
第2位バイオレットドラゴン
アルギニンとシトルリンの含有量業界随一の精力剤!
バイオレットドラゴン
第3位バイタルアンサー
男性機能に悩む男性の強い味方!各種アミノ酸やビタミンを多数含む精力剤!
バイタルアンサー